テクノロジー

ローデ・シュワルツは、エレクトロニクス、電子計測、機密通信、無線通信、放送、無線モニタリング/無線ロケーションの分野において業界最高水準の精度と性能を誇るソリューションを提供し続けています。


無線通信

最先端の5Gをはじめ、現在使用されている携帯電話規格であるLTE、WCDMA
/HSPA(+)、GSM、CDMA2000®や無線通信規格であるWLAN(WiFi)、Bluetooth®など、無線通信技術の開発から生産、保守・点検などあらゆる用途をカバーしたソリューションを提供しています。


詳細情報はこちら

Automotive

より安全な車社会の実現に向けた、次世代の車載機器開発が盛んに行なわれ、さまざまな技術が提案されています。それら多岐にわたる技術やコンセプトに対し、ローデシュワルツのソリューションは、運転支援システムの開発・製造から車載ネットワークの評価など自動車産業で採用されています。


詳細情報はこちら


マイクロ波・ミリ波

ローデ・シュワルツのマイクロ波・ミリ波ソリューションは、最先端の半導体デバイスから製品評価まで未来のテクノロジーを支えています。
測定確度と信頼性、測定スピードにおいて、電子部品・機器の研究、開発、生産、校正およびサービスに携わるお客様から高い評価を得ています。


詳細情報はこちら

放送技術

放送インフラはアナログからデジタルに急速に移りつつあり、ローデ・シュワルツはこの分野で長期にわたって貢献しています。 また、放送関連機器の評価に使われる各種測定器の信頼性も高く、長年培われた専門知識と技術は、放送業界に関係する皆様に幅広く 採用されています。


詳細情報はこちら


EMC

EMC(電磁適合性)分野のパイオニアであるローデ・シュワルツは、EMC試験において世界の市場を常にリードしています。 電磁波による干渉は、機器の誤作動の原因となるため、電磁波干渉を確認する作業は、ますます重要かつ困難な課題と なっています。

詳細情報はこちら

カスタムシステム

ローデ・シュワルツ・ジャパンのカスタムシステムは、日本国内を拠点とするお客様のニーズに対応した最適な計測システムを開発 する目的で2007年6月に発足しました。ドイツ本社、シンガポールに続いて設けられた専門部隊が、ソフトウェアやシステムの開発を することで、お客様のニーズに応えるソリューションを提案しています。