R&S®SMW200A ベクトル信号発生器

1台で2つのRFと8つのベースバンド・ジェネレータ を内蔵可能

概要

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



  R&S®SMW200A は、通信システムの研究開発や生産ラインの厳しい要求に応えます。高い性能、豊富な機能、使いやすい直感的なオペレーションは、複雑で高精度なデジタル変調信号の発生に最適です。最大2 GHzのIQ変調帯域幅により5Gで検討されている波形信号やIEEE802.11adなど最新の通信規格の信号を発生できます。さらに、拡張可能なモジュール構造を採用しているため将来への投資となる1台です。

  R&S®SMW200A は、最大二つのRFパス、8つのベースバンド・ジェネレータとして使用できるため、MIMOやキャリア・アグリゲーションを必要とするアプリケーションに最適です。例えば、8x2 MIMOなど、これまで複数の測定器から構成される複雑なシステムを必要とした信号発生をワンボックスで実現します。さらに、R&S®SGS100A RF信号発生器を2台追加するだけで4x4 MIMO信号をこれまでにないシンプルでコンパクトな構成で発生できます。

主な特長

  • RF:最大2 パス(~20 GHz)
    RF:最大1 パス(~40 GHz)
  • 周波数範囲:
     RF A:100 kHz ~ 3/6/12.75/20/31.8/40 GHz
     RF B:100 kHz ~ 3/6/12.75/20 GHz
  • レベル:-145 dBm ~ +18 dBm (PEP )
  • I/Q 変調器RF帯域幅:  2 GHz(内部ベースバンド)、2 GHz (外部)
  • 変調精度(IEEE802.11ac 160 MHz): EVM - 49 dB (実測値)
  • 任意波形メモリ:64 Mサンプル、512 Mサンプル、1 G サンプル(オプション指定)
  • リアルタイム・エンコーダ
  • フェージング・シミュレータ(オプション)
  • 位相コヒーレンス機能(オプション)
  • 主要なMIMOモードに対応
  • タッチパネルとグラフィカル・ユーザ・インタフェースによる直感的な操作