業界初 TD-LTE Band42試験でGCF認証を取得

 ローデ・シュワルツのテスト機器は、GCFにおいてTD-LTE Band42、LTE-Advanced アップリンク・キャリアアグリゲーション (UL CA)およびLTE-Advanced Pro アップリンク64QAM (UL 64QAM)の認証を業界で初めて取得いたしました。

 ローデ•シュワルツ•ジャパン株式会社(本社:東京都 新宿区 代表取締役:Jacques Jourda)は、2016年5月16日、TD-LTE Band42 (WI-150-42)およびLTE-Advanced アップリンク・キャリアアグリゲーション(UL CA)、LTE-Advanced Pro アップリンク64QAMの認証 を取得したことを発表しました。プロトコルおよびRFコンフォーマンスは、グローバル認証フォーラムGCFで指定されたデバイス認証 の重要な試験項目の一つです。最も先進的なチップセット・ソリューションを使用するモバイルメーカーは、TD-LTE Band42 、UL CA およびUL 64QAMに必要なGCF要件に合わせてデバイスの認証試験を実施できるようになります。本認証は、アメリカ、ニュージャージー で開かれたCAG#46において認められました。


TD-LTE Band42 (WI-150-42)

 TD-LTE Band42 (WI-150-42)は、3GPPリリース9エンハンスメントで定められた一部です。日本の大手ネットワーク事業者は、 ヨーロッパR&TTEの指令 EN 301 908 v7.0.1の一部である、3.5 GHz TD-LTE band 42 のライセンスを既に取得しており、 年内 のサービス開始に向けて準備を進めています。


LTE アップリンク・キャリアアグリゲーション (LTE UL CA)

 LTE UL CAは、3GPPリリース12で定められた仕様の新しい項目です。本仕様は、1ユーザーに対して2のLTEアップリンク・チャネル を束ね、アップリンクのデータ・レートを効率的に2倍にします。これにより、現状可能なLTEユーザーあたり50 Mbit/sの最大アップ リンク・データ・レート(アップリンク16QAMの場合)を100 Mbit/sへ増加させることを可能にします。


LTE アップリンク64QAM (LTE UL 64AQM)

 LTE UL 64QAMは、LTEアップリンクの新しい変調スキームとして3GPPリリース13で取り入れられた仕様です。現行の4 bit/LTE UL 16QAMシンボルの代わりに6 bit/LTE ULシンボルを用いることでアップリンクのデータ・レートを向上させます。これにより、アップ リンクのデータ・レートを50 %増加させることが可能です。LTE64QAMは、LTEプラットフォームの飛躍的な効率改善のための機能追加です。

LTE UL CAとLTE UL 64QAMを併用することにより、最大でアップリンクのデータ・レートを150 Mbit/sへ増加できます。ソーシャルネット ワーキングやクラウドサービスなどの普及により高データ・レートのアップリンクの要求に対処可能な仕様です。


 本認証により、ネットワーク事業者、チップセットおよびモバイル機器メーカーは、ユーザー機器の認証を助け、無線セルラーネット  ワークにおける高いサービス品質維持において主導的な役割を担っていることを改めて実証しました。





[製品詳細]


R&S CMW500は、拡張性を有したGCFおよびPTCRB認証
テスト・システムです。本システムは、3GPP36.523
(プロトコルテスト)におけるリリース8からリリース13
までをカバーした認証テストを提供します。
R&S CMW500 プロトコル・テスター

R&S TS8980は、拡張性を有したGCFおよびPTCRB認証
テスト・システムです。本システムは、3GPP36.521-1
(Tx, RX, パフォーマンス)、36.521-3 (RRM) における
リリース8からリリース13までをカバーした認証テストを
提供します。
R&S TS8980 認証テスト・システム
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ローデ・シュワルツについて

Rohde & Schwarzグループ(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、無線通信の分野に特化し、電子計測、放送、セキュリティ通信、 無線モニタリング、サイバーセキュリティにおいて世界をリードしています。設立から81年、世界70カ国以上に拠点を持ち、 約9900人の従業員を擁しています。グループの年商(会計年度2014/2015)は、約18.3億ユーロに上ります。