ローデ・シュワルツの提供する3Gおよび4G相互接続試験向けテスト・パッケージがソフトバンクの認証通過

 ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社(本社:東京都 新宿区 代表取締役: Klaas Hoekstein)は2015年11月9日、日本を代表する ネットワーク・オペレータのソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)と協力して開発した、相互接続・認証試験向けテスト・ パッケージがソフトバンクによる認証を通過したことを発表いたします。このテスト・パッケージは、ソフトバンクの相互接続・認 証試験向けテスト機器として選定されたローデ・シュワルツ製ワイドバンド無線機テスタCMW500上で動作します。ソフトバンクは、 このテスト・パッケージを各メーカとの3Gおよび4G相互接続・認証試験に使用します。ローデ・シュワルツとソフトバンクは、過去 数年間に渡りテスト・ソリューションのパートナーとなっています。


ミュンヘン発、2015年11月9日 - ローデ・シュワルツは、ソフトバンクに対し、RF・RRM評価テスト機器TS8980FTAをテスト・ソリュー ションとして提供してきましたが、今回、相互接続・認証向けテスト・パッケージを追加したことで、より高度なテスト・ソリューシ ョンを提供することができます。ローデ・シュワルツが提供するテスト・パッケージは、ワイヤレス・デバイスやチップセット製造メ ーカ内部の認証試験ラボやテストハウス向けにカスタマイズされた包括的ソリューションです。各メーカが開発した製品と、ソフトバ ンクが提供する3Gおよび4GネットワークとのRF・プロトコル・RRM相互接続試験を行うことができます。ソフトバンクは、このテスト・ ソリューションを自社 製品の開発部署においても使用しています。ユーザは、ローデ・シュワルツが有するモバイル・コミュニケーシ ョン分野における豊富な技術知識と、計測のエキスパートによるグローバルな販売およびサービス・ネットワークの恩恵を受けること ができます。ローデ・シュワルツは、ソフトバンクと協力して、継続して相互接続・認証試験向けテスト・パッケージの拡充を図って まいります。


ソフトバンク株式会社 プロダクト&マーケティング統括 プロダクト技術開発本部 検証統括部長の播口仁朗 氏は、今回の協力関係に ついて次のように述べています。「ローデ・シュワルツという先進的なグローバルプレーヤーとのパートナーシップにより、ソフトバンク および移動機サプライヤー様の開発効率をより一層高められるものと考えています。」


当社の電子計測部システム・プロジェクト部門のVice Presidentである Mr. Alexander Pabstは、「相互接続・認証試験向けテスト・ パッケージ の開発は、過去数年間にわたるソフトバンクとの強固な協力関係により実現しました。さらに、最先端のモバイル通信 ネットワーク・プロバイダであるソフトバンクと、こうした戦略的なパートナーシップを継続し、LTEの開発を共に行えることに大 きな喜びを感じている。」と語っています。

ローデ・シュワルツ社は長年にわたり、携帯電話事業者、テストハウス、チップセットメーカ、携帯端末メーカのお客様に対して 各種テスト・ソリューションを提供してまいりました。今回のソフトバンクにおける認証試験においても、ここで培われたノウハウ を活用することにより、最適なテスト・ソリューションの開発を実現しました。




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ソフトバンクについて

ソフトバンク株式会社(本社: 東京)は、ソフトバンク グループ株式会社の子会社で、無線通信、有線通信、 およびインターネット接続サービスを日本国内において提供しています。ソフトバンク株式会社は、他のソフト バンク グループ会社とのシナジーを最大化することで、ICTおよび、IoT、ロボティクス、そしてエネルギー といった他のビジネス領域に精力的に進出し、人々のライフスタイルを大きく変えてゆきます。

詳細情報については、こちらをご参照下さい

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ローデ・シュワルツについて

Rohde & Schwarzグループ(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、無線通信の分野に特化し、電子計測、放送、セキュリティ通信、 無線モニタリング、サイバーセキュリティにおいて世界をリードしています。設立から81年、世界70カ国以上に拠点を持ち、 約9800人の従業員を擁しています。グループの年商(会計年度2013/2014)は、約18億ユーロに上ります。