Rohde & Schwarz と Fraunhofer HHIが5G向けミリ波チャネル・サウンダ・ソリューションを実現 !

ローデ・シュワルツは、フランクフルト/マインで開催されたNGMN産業会議でフラウンホーファー・ハインリヒ・ヘルツ研究所 (以下、フラウンホーファーHHI)の協力により実現した次世代5Gチャネル・サウンダ・ソリューションを紹介しました。 ベクトル・シグナル・ジェネレータR&S SMW200Aと、シグナル・スペクトラム・アナライザR&S FSW、およびフランホーファーHHI から提供されるアプリケーション・ソフトウェアと同期ユニットから構成されます。本テスト・ソリューションは、マイクロ波 およびミリ波帯における5Gネットワークの活用を目指した研究活動をサポートします。



現在、GSMシステム等で使用されている450 MHzから3 GHzにおける周波数伝播特性の研究は、何十年にもわたり商用化に向けた研究 が実施されてきました。その成果は、十分なチャネル・モデルのナレッジの蓄積とともに、GSMシステムの商用化につながっています。 そして、長年にわたる周波数伝播特性の研究成果が、実験室における実環境のシミュレーションや基地局、およびユーザー・デバイス のパフォーマンスを検証するために幅広く用いられてきました。しかし、これまでに培ってきた周波数伝播特性の評価データは、いま だに6 GHzにとどまっています。今日、6 GHz以上の周波数帯の商用化に向け、多くの周波数伝播特性の研究が行なわれています。 しかしながら、6 GHzから100 GHzの周波数帯における周波数特性の測定データは不足しており、さらに多くのデータを必要としています。 複数の研究プロジェクト、そして3GPPにおける標準化に向け、最適なチャネル・モデルを選定するために、包括的な測定データが必要不 可欠になります。


ローデ・シュワルツが提供する、チャネル・サウンダ・ソリューションは送信側にベクトル・シグナル・ジェネレータR&S SMW200Aと ベースバンド・ジェネレータR&S AFQ100B I/Q、受信側にシグナル・スペクトラム・アナライザR&S FSWから構成されます。送信側と 受信側を同期し、フラウンホーファーHHIから提供された2ナノ秒の精度で絶対基準時間の提供を可能にした、高精度クロックによ りトリガされます。R&S SMW200AとR&S AFQ100Bは、最大500 MHzの信号帯域幅と最大40 GHzのキャリア周波数で広帯域サウンダ信号 を提供します。サウンダ信号は、最適化された相関シーケンスに基づいています。R&S FSWは搬送周波数として85 GHzまでの信号を 受信し、内蔵された500 MHzの復調器を用いて復調とサンプルを行います。フラウンホーファーHHIから提供されるアプリケーション・ ソフトウェアは復調信号の後処理を行い、時間/遅延ドメイン内に生じるチャネル・インパルス応答を見積もります。40 GHz (送信側)、 85 GHz (受信側) 以上の周波数帯における測定も同様に、外部ミキサのダウンコンバータを使用することにより拡張することができます。 送信側にフラウンホーファーHHIの広帯域I/Qベースバンド・ジェネレータを使用し、受信側に新たにリリースされた2 GHzのI/Q解析帯域幅 FSW-B2000とオシロスコープR&S RTOを用いることで、2 GHzという超広帯域な信号の解析も実施することが可能です。 この柔軟なソリューションは0.5 ナノ秒までのマルチパス分解能を備えた優れたダイナミックレンジを提供することができます。


フラウンホーファーHHIの無線通信ネットワーク部門長であるMr. Thomas Haustein は、「フラウンホーファーHHIのミリ波チャネル・ サウンダ技術は、無線伝搬のさらなる理解を深め、関連する無線使用事例のための現実的なチャネル・モデル選定のための知見を与えられます。 世界的な5Gの取り組みにおいて、リンクおよびシステム設計の標準化の基盤を提供することになる。」と述べています。


当社の電子計測部システム・プロジェクト部門のVice Presidentである Mr. Alexander Pabstは、「マイクロ波帯域は移動体通信の革新的 な変化をもたらす可能性を秘めています。これまでに培ってきた、Rohde & Schwarzの持つRF技術を提供することで、継続的な研究開発活動 をサポートすることを約束いたします。フラウンホーファーHHIとの協力により、この新しいテクノロジーを実験室から実社会へのテクノロ ジーへ展開していくことにつながることである。」と力強く語っています。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ローデ・シュワルツについて

Rohde & Schwarzグループ(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、無線通信の分野に特化し、電子計測、放送、セキュリティ通信、無線モニタリング、サイバーセキュリティにおいて世界をリードしています。設立から81年、世界70カ国以上に拠点を持ち、約9800人の従業員を擁しています。グループの年商(会計年度2013/2014)は、約18億ユーロに上ります。