生産コストを大幅ダウン

コンパクトで高速なベクトル・シグナル・ジェネレータR&S SGT100A

 ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:Klaas Hoekstein)は、2014年7月14 日から、ベクトル・シグナル・ジェネレータR&S SGT100Aの販売を開始します。

 R&S SGT100Aは、自社最小のベクトル・シグナル・ジェネレータです。25 cm×40 cm×5.3 cm(幅×奥行×高さ)とB4用紙サイズのコンパクトなボディには、最大6 GHzまで出力可能なRFパスと、最大160 MHz帯域幅の信号が生成可能なベースバンド信号源が内蔵されています。周波数やレベルの切り替えが高速にでき、最大1 Gサンプルの大容量メモリも備えています。R&S SGT100Aは、測定スピードが求められる生産ラインや、様々な評価項目があるR&Dのパワーアンプの実証試験に大きく貢献します。


コンパクトで低消費電力
R&S SGT100Aは、ローデ・シュワルツ製品の中で最も小さなベクトル・シグナル・ジェネレータです。250 mm×401 mm×53 mm(幅×奥行×高さ)のコンパクトなボディに1つのRFパス(80 MHz~3/6 GHz)と内蔵ベースバンド信号源を備えています。大きさはB4サイズのコピー用紙(257 mm×364 mm)とほぼ同じで、一般的なベクトル・シグナル・ジェネレータの約1/4のサイズです。消費電力も65 Wとミッドレンジクラスのベクトル・シグナル・ジェネレータR&S SMBV(150 W)に比べ約1/2の消費電力を実現しています。

早い切り替え時間、大容量メモリで生産効率の向上
自動測定を行う生産ラインにおいて、テストスピードの向上は宿命の課題です。R&S SGT100Aは高い処理能力による高速の切り替え、最大1Gサンプルの大容量メモリによる、少ない読み込み回数でテスト時間を抑えることが可能です。例えばLANで制御した場合、周波数やレベルの変更を1 msで切り替えることができます。 また、様々なARB波形でテストを行いたい場合はマルチ・セグメント・ウェーブフォームが有効です。マルチ・セグメント・ウェーブフォームとはARB波形ファイルのスケジュール機能で、選択したARB波形の出力時間を設定することが可能です。この機能を使うことで、例えばLTEの信号からWCDMAの信号へと異なるARB波形でのテストが必要になった際に、ARB波形の読み込み時間を省いてテストをすることが可能になります。

高い基本性能
R&S SGT100Aは、+15 dBmの高い出力レベルや-126 dBc/Hz の優れたSSB位相雑音特性(1 GHz、20 kHzオフセット、代表値)など、ミドルレンジクラスのベクトル・シグナル・ジェネレータ・に劣らない基本性能を備えています。内蔵ベースバンドも最大160 MHz帯域幅の信号生成が可能で、LTE Advancedのキャリア・アグリゲーションや、WLAN 802.11acの信号発生に対応しています。さらに、160 MHzの変調帯域全体において、±0.1 dB(実測値)というハイエンドクラスに近いフラットネスを実現しています。これによって生産ラインだけではなく、R&Dの測定速度と正確さが求められる厳しい実証試験でも十分に活用することができます。

R&S SGT100Aの最少構成は以下となります。

型番
製品名
R&S SGT100A
ベクトル・シグナル・ジェネレータ本体( ※1 MHz~3 GHz RFパス)
※ベクトル変調信号出力は80 MHz~ 出力周波数まで
R&S SGT-K510
ARBベースバンド信号源32 Mサンプル、60 MHz RFバンド幅

ここでご紹介したR&S SGT100Aに関する詳しい情報は、こちらをご参照下さい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ローデ・シュワルツについて

Rohde & Schwarzグループ(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、無線通信の分野に特化し、電子計測、放送、安全な通信、無線監視と電波探知において世界をリードしています。80年前に設立され、世界70カ国以上に拠点を持ち、約9300人の従業員を擁しています。グループの年商(会計年度2012/2013)は、19億ユーロに上ります。