ローデ・シュワルツのエントリー・クラス・ブランド
HAMEGシリーズのラインナップを強化

 ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:笠井伸啓)は、2014年1月14日より、エントリー・クラス・モデルHAMEG シリーズのラインナップを強化します。

今回は、HAMEGシリーズの製品ラインナップから、以下の3モデルを新たにリリースします。

  • スペクトラム・アナライザ HMS-X
  • 3 GHzカウンタ        HM8123-X
  • 3 GHz RFシンセサイザ   HM8135-X

さらに、追加オプションとして、以下の製品も同時にリリースします。
  • オシロスコープHMO3000シリーズ用 に、セグメント・メモリ・オプション HOO14
  • スペクトラム・アナライザHMS-X用に、トラッキング・ジェネレータ・オプション HMS-TG、3 GHzアップグレード・オプションHMS-3G、そしてEMC解析機能とプリアンプを内蔵できるオプションHMS-EMC

また、上記リリースにより、スペクトラム・アナライザ HMS1000、HMS1010、HMS3000、HMS3010、HM8123とHM8135用のOCXOオプションHO85が販売終了となります。

新製品 HMS-X
スペクトラム・アナライザHMS-Xは、これまで販売していたスペクトラム・アナライザHMS1000/3000シリーズを一新した、コスト・パフォーマンスに優れた新たなスペクトラム・アナライザです。100 kHzから1.6 GHzをカバーし、低価格ながらも表示平均雑音レベルは-104 dBmと優れた値を持っています。また、3つのオプションは自由に組み合わせることが可能なので、3 GHzモデル、トラッキング・ジェネレータ内蔵モデル、EMC測定用モデルなど、お客様の用途に沿ったスペクトラム・アナライザのご提供が可能になります。

製品の販売に関しては、総代理店である東洋計測器までお問合せください。

新たに追加される製品およびオプション

型番
製品およびオプション名
HMS-X
1.6 GHzスペクトラム・アナライザ
HM8123-X
3 GHzカウンタ (OCXO内蔵)
HM8135-X
3 GHz RFシンセサイザ (OCXO内蔵)
HOO14
セグメント・メモリ・オプション(HMO3000用)
HMS-TG
トラッキング・ジェネレータ・オプション
HMS-3G
3 GHz帯域アップグレード
HMS-EMC
EMC/プリアンプ・オプション
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

東洋計測器について

東洋計測器株式会社
本社所在:東京都千代田区外神田1-3-12 計測器ランドビル
設立:1957年1月
資本金:1,200万円
事業内容:電子計測器、アクセサリー類の販売・サービス他


ローデ・シュワルツについて

Rohde & Schwarzグループ(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、無線通信の分野に特化し、電子計測、放送、安全な通信、無線監視と電波探知において世界をリードしています。80年前に設立され、世界70カ国以上に拠点を持ち、約9300人の従業員を擁しています。グループの年商(会計年度2012/2013)は、19億ユーロに上ります。