ローデ・シュワルツの提供する3Gおよび4G相互接続試験向け
テスト・パッケージがNTTドコモの評価を通過

 ワイヤレス・コミュニケーション試験のスペシャリストであるローデ・シュワルツと、日本を代表するネットワーク・オペレータの株式会社NTT ドコモが協力して相互接続試験向けテスト・パッケージを開発しました。NTT ドコモは、このパッケージをNTT ドコモが認証したテスト機器(D-ATE)として評価しました。ローデ・シュワルツとNTT ドコモは、過去数年間に渡りテスト・ソリューションのパートナーとなっています。


ミュンヘン発、2013年11月18日 - ローデ・シュワルツが提供するD-ATE テスト・パッケージは、ワイヤレス・デバイスやチップセット製造メーカ内部の認証試験ラボやテスト・ハウス向けにカスタマイズされた包括的ソリューションです。各メーカが開発した製品と、NTTドコモが提供する3Gおよび4Gネットワークとの相互接続試験を行うことができます。NTTドコモは、このテスト・ソリューションを自社 製品の開発ラボにおいても使用しています。ユーザは、ローデ・シュワルツが有するモバイル・コミュニケーション分野における豊富な技術知識と、計測のエキスパートによるグローバルな販売およびサービス・ネットワークの恩恵を受けることができます。ローデ・シュワルツは、将来的なLTEの周波数バンド、SRVCC、LTE-Advancedキャリア・アグリゲーション、およびVoLTEによる音声電話技術に対するテスト・ケースも提供しています。

ワイヤレス・デバイスとシミュレートされた基地局間における相互接続に関する将来に渡るテスト・スキームにより、NTTドコモは‐4Gネットワークを世に送り出したパイオニア‐お客様に対して最高レベルの品質を保証しています。D-ATE は、世界中の製造メーカやサプライヤのタイム・トゥー・マーケットの短縮のため、多くの試験項目に対してスケーラブルな自動化システムを提供するというNTTドコモの取り組みの一例です。このテスト・ソリューションにより、各メーカは、NTTドコモへの提出に必須の信頼性の高い試験結果を得ることができます。

当社のシステム・プロジェクト事業部 事業部長の(Dietmar Vahldiek, ファルディック ディトマ氏)は、次のように語っています。「D-ATE テスト・パッケージは、過去数年間に渡るNTTドコモとの緊密な協力を通じて開発されました。最先端のモバイル・コミュニケーション・ネットワーク・プロバイダであるNTTドコモとの間において、こうした戦略的パートナシップを維持するだけでなく、LTEの開発を協業しながら進められることについて大変嬉しく思っています。」

株式会社NTTドコモ移動機開発部 担当部長 二方敏之 氏は、次のように語っています。「革新的なテスト・ソリューションを実現するため、ローデ・シュワルツは、全世界にネットワークを持ち信頼できるパートナーです。こうした長期に渡るパートナシップが、技術的なパイオニアとしての弊社のポジションをさらに強化する重要な役割を果たすことを期待しています。」

プロトコル・テスタR&S CMW500用の D-ATEテスト・パッケージは、ローデ・シュワルツから販売開始されています。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ローデ・シュワルツについて

Rohde & Schwarzグループ(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、無線通信の分野に特化し、電子計測、放送、安全な通信、無線監視と電波探知において世界をリードしています。80年前に設立され、世界70カ国以上に拠点を持ち、約9300人の従業員を擁しています。グループの年商(会計年度2012/2013)は、19億ユーロに上ります。