新世代のベクトル・ネットワーク・アナライザ
R&S ZNBシリーズ 20GHz/40GHzモデル販売開始

 ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:笠井伸啓)は、2013年5月20 日から、ベクトル・ネットワーク・アナライザR&S ZNBシリーズのマイクロ波モデル、R&S ZNB20ならびにR&SZNB40の販売を開始します。

 R&S ZNB20は周波数範囲100kHz から20GHz、R&S ZNB40は10MHzから40GHzまでをカバーし、研究開発から生産ラインにおける様々な測定要求にお応えします。
 R&S ZNBシリーズのマイクロ波モデルは、RFモデルと同じく、クラス最高レベルの135 dBのダイナミックレンジ、最大+15dBmの出力パワー、そして5 ms (401ポイント測定) の驚異的な測定スピードを実現しています。ユーザ・インタフェースは、12.1インチWXGAのワイド・タッチスクリーンで実現し、日本語メニューをサポートしているため、誰でも簡単に操作を行うことができます。重量は従来のマイクロ波ネットワーク・アナライザと比較し、約半分の14kgと非常にコンパクトな設計となっています。また、消費電力も、従来製品の約1/2 (130 W) に抑えられており、製造ライン等におけるエコにも大きく貢献します。

今回発表のR&S ZNBシリーズは以下の2モデルとなります。

型番
周波数範囲
測定ポート数
R&S ZNB20
100kHz~20GHz
2 (バイアス・ティー付)
R&S ZNB40
10MHz~40GHz
2 (バイアス・ティー付)

コンパクトな筐体に、ハイエンドモデルに迫る性能を凝縮
R&S ZNBシリーズのマイクロ波モデルは、クラス最高のダイナミックレンジ135dB(代表値)を持ち、広いダイナミックレンジが要求されるケースでも、その測定要求を満たすことができます。ポート出力パワーは40 GHzモデルでは+15 dBm (代表値)、そして20 GHzモデルでは+ 14 dBm(代表値)と、クラス最高レベルを実現し、パワー掃引レンジは70 dBを超えています。測定スピードは401ポイントあたり最速5 msとなっており、生産ラインのタクトタイムが飛躍的に改善されます。外形寸法はRFモデルと同一サイズの46.1 cm x 24 cm x 35.1 cmと、非常にコンパクトな設計となっており、重量もRFモデルと同じ14 kgとなっています。これは、従来のマイクロ波ネットワーク・アナライザと比較して約半分の重さであり、被測定物が移動できない場合など、エンジニアが測定器を簡単に持ち運ぶことが可能となります。消費電力についても、従来製品の約1/2 (130 W) に抑えられており、製造ライン等におけるエコにも大きく貢献します。

使いやすさを追求したユーザ・インタフェース
ユーザ・インタフェースは、12.1インチWXGAのワイド・タッチスクリーンで実現し、日本語メニューをサポートしているため、誰でも簡単に操作を行うことができます。また、外部信号源を制御してアンプのIMD測定やミキサのコンバージョンゲイン/ロス測定を行うことも可能です。これらは、専用の測定ウィザードが用意されており、指示に沿って設定することで簡単に校正、測定が行えます。

ここでご紹介したR&S ZNBシリーズに関する詳しい情報は、以下のURLをご参照下さい。

製品ページ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ローデ・シュワルツについて

Rohde & Schwarzグループ(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、エレクトロニクス分野に特化し、電子計測、放送、無線モニタリング、セキュアな無線通信において世をリードしています。80年前に設立され、世界70カ国以上に拠点を持ち、約8700人の従業員を擁しています。グループの年商(会計年度2011/2012)は、18億ユーロに上ります。