LTE基地局試験向けに機能を大幅拡張

ハンドヘルド・スペクトラム・アナライザ

 ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:笠井伸啓)は、2013年4月12日から、超小型の高精度周波数基準R&S FSH-Z114を、加えて、2013年5月10日からR&S FSHシリーズの周波数拡張モデル R&S FSH13とR&S FSH20の販売を開始します。

ハンドヘルド・スペクトラム・アナライザR&S FSHは、優れた使い勝手と高い基本性能を兼ね備えた、LTE基地局など無線通信施設のフィールド試験に最適なアナライザです。しかし、従来、携帯基地局の試験にはアナライザの他にルビジウム周波数基準を用意する必要があったため、ハンドヘルドの利点を活かしきれない面がありました。高精度周波数基準R&S FSH-Z114は、わずか250 グラムと格段に小型化されており、アナライザと一体化することで真のハンドヘルドを実現します。また、R&S FSHの周波数拡張モデルは、スプリアス評価を必要とする基地局の試験をカバーします。今回の周波数拡張によりR&S FSHシリーズは以下の4モデルとなります。


超小型周波数基準による作業性の改善
R&S FSH-Z114は携帯基地局の周波数試験に必要とされる0.005 ppm の確度を持った周波数基準を格段に小型化しました。薄さ26ミリかつ250グラムの超軽量設計により、アナライザ本体に装着してもハンドヘルド性は十分保たれます。従来は、ハンドヘルドのアナライザ本体に匹敵する大きさのルビジウム周波数基準を使用することが一般的であったため、携帯基地局の試験は他のフィールド試験に比べて著しく作業性が悪いものでした。R&S FSH-Z114を使用することで作業性が画期的に改善されます。

フィールド試験での優れた使い勝手
R&S FSHシリーズは、屋外でも見やすいディスプレイや防護キャップ付のコネクタなど、フィールド試験を快適に効率よく行うための工夫が組込まれています。また、携帯基地局の試験用には、LTE/WCDMA/C2Kに対応した自動測定ソフトウェアが用意されており、確実で効率の良い基地局試験が可能です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ローデ・シュワルツについて

Rohde & Schwarzグループ(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、エレクトロニクス分野に特化し、電子計測、放送、無線モニタリング、セキュアな無線通信において世界をリードしています。80年前に設立され、世界70カ国以上に拠点を持ち、約8700人の従業員を擁しています。グループの年商(会計年度2011/2012)は、18億ユーロに上ります。